施工事例

当社の施工実績

駐車場仕様 ウレタン防水、FRP防水 複合防水

FRP防水

ウレタン防水

 

T会社様 駐車場複合防水

駐車場仕様 ウ レ タ ン FRP防水

主に大型商業施設駐車場や屋上駐車場で使用される防水工法。

柔軟性に富むウレタン防水と強靭なFRP防水を複合させた下地挙動追従性に優れる防水システム。防水機能と舗装材としての機能を併せ持つ軽量かつ耐久性に優れた工法の実績。

施工前

 

T会社様 駐車場複合防水

駐車場仕様 ウ レ タ ン FRP防水

施工中 

作業の流れ

下地→ウレタン防水→

FRP防水→

防水端末シーリング

写真はFRP ガラスマット張込み

 

T会社様 駐車場複合防水

駐車場仕様 ウ レ タ ン FRP防水 駐車場仕様防水完了

 

S様邸 FRP防水

通 気 緩 衝 FRP防水

FRP防水とは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいところから、住宅や駐車場などに使用され浴槽、貯水槽、船体、潜水艦などにも使用されとても優れた防水材料です。

水を防ぐ材料として金属もございますが年月とともに錆が発生して腐食が進み、最後に崩れてしまいます。
FRPは錆びがないため軽量かつ防水性を高めることができます。


しかしデメリットとしましてFRP自体の伸縮性がほとんどないため変形量が多い場所や建物には
防水層にひびが入ったり、割れたりする可能性があります。

そこで通気緩衝シートを使用することにより躯体の動きにより追従できびびや割れる可能性を激減させることができます。
さらに下地の水分を床面の脱気筒、壁面の脱気盤で脱気・通気することによりFRP防水層の膨れ、剥離等を防ぎます

 

施工前

 

S様邸 FRP防水

通 気 緩 衝 FRP防水

施工中

作業の流れ

下地→通気緩衝シート→FRP防水

写真は通気緩衝シート張込み

 

S様邸 FRP防水

通 気 緩 衝 FRP防水 通気緩衝FRP防水完了

 

Y会社様 屋上ウレタン防水

通 気 緩 衝 ウレタン防水

日本国内で一番使用される防水材です。
ウレタンゴム系塗膜防水(ウレタン防水)は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化する)と、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。
液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。
しかし下地からの水分が膨れ上がり防水層が切れてしまう事がございます。
その解消方法が通気緩衝シートと脱気筒を使用することによりふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を、外部に脱気させることのできる、安全で信頼性の高い工法です。

施工前

 

Y会社様 屋上 ウレタン 防水

通 気 緩 衝 ウレタン 防水

施工中

作業の流れ

下地→通気緩衝シート→ウレタン防水

写真は通気緩衝シート張込み

 

Y会社様 屋上 ウレタン 防水

通 気 緩 衝 ウレタン 防水 通気緩衝ウレタン防水完了